watarium イラスト
title 子どもたちの100の言葉展 鳥アニメ

会場写真2階 2階A会場写真4階

この展覧会「子どもたちの100の言葉」は、子どもたちと一緒に体験する冒険物語です。

それはイタリア北部の小さな町、レッジョ・エミリアで第二次世界大戦直後、近くの村の人たちが率先して幼い子どもたちの学校を造ろうとしたことに始まりました。そして創設者の一人であるローリス・マラグッツィは、ここで積み重ねられた子どもたちの言葉や経験に素晴らしい方向性とインスピレ−ションを与え続けました。

そこでは、子どもたちの対話の場としての空間造りに力を注ぎ、自分を表現する創造的プロジェクトを数多く実践し、さらに家族と市民の熱心で辛抱強い参加によって、独自のネットワ−クが生まれました。

この小さな町の奇跡に、今世界中の熱い視線が注がれています。

それは人間の創造性が、決して特別な能力によって生まれるものではなく、むしろ日常生活の中の考え方、知り方、選択の仕方といった小さな経験の蓄積によって生まれることを提示しています。

そこには子どもたちの未来があり、それは私たちの希望でもあります。そしてア−トそのものなのです。

,
幼児教育研究会

関連ブックフェア

記念Tシャツ


photo


photo




,
,    
開館時間
11:00〜19:00[毎週水曜日は21:00まで開館]
休館日
月曜日[4月30日(月)は開館]
入館料
大人1000円 学生(25才未満)800円[会期中何度でも使えるパスポートチケット]
展示協力
キヤノン株式会社
株式会社学習研究所
後援
イタリア大使館

日本におけるイタリア2001年日本語オフィシャルサイト
オフィシャルサイトへ →
協力
レッジョ・エミリア市

レッジョ・エミリア市
協力
Max Mara
 
Open hours
11:00〜19:00[till 21:00 on Wednesday,till 18:00 on Sutarday & Sunday]
Closed
Monday [except for April 30 (mon)]
Admission fee
Adult 1000 yen, Student [Under 15 years]800 yen ,Junior High School and Elementary Scholl Students free
[Ticket with signature is valid throughout the exhibition]
Sponsors
Max Mara Fondazione Giulia Maramotti
Collaborators
City of Reggio Emilia
Reggio Children
Technical cooperators
Canon Inc.
Gakken Co., ltd
Logistic Supports
Fibdazuibe Italia Giappone 2001
Italian Embassy


 

ロボット





レッジョ・アプローチに学ぶウィークエンド幼児教育研究会

イタリア・子どもたちの関連書籍本---ブックフェア