BOOK

  • NEW
商品コード: watarium0016001100220001

ARCH. 山田寅次郎:土耳古畫觀[復刻版]

販売価格(税込) 4,860 円
通常価格: 4,500 円
個  数 カゴに入れる

『土耳古畫觀』は、山田寅次郎がオスマン帝国に滞在(1892~1914)に見聞した記録です。オスマン帝国の文化、人々の生活風習を日本人の目で鋭く観察した1冊です。オスマン帝国からトルコ共和国へと時代が移り、古き良き文化が失われつつある現代に貴重な資料としてトルコ国内でも重要なものとなっています。入手困難になった『土耳古畫觀』が読みやすく、現代語訳をつけて現在によみがえります。

山田 寅次郎 (やまだとらじろう)
1866-1957
沼田藩土岐家・家老職の家に生まれ15 歳茶道宗徧流家元の養子に入る。24歳、オスマン帝国・エルトゥールル号遭難事件の義捐金を集めトルコに渡る。オスマン帝国スルタン・アブデュルハミト2世に謁見。 このまま止まり青年将校に日本語と文化を教える他、日本の工芸品を取り寄せるよう命じられ、「中村商店」をイスタンブルに開店。 日本の要人が訪問した際、通訳や在留日本人の世話など民間大使の役割も果たした。1914 年第一次世界大戦勃発のため日本に帰国。製紙会社を設立。
自宅の一部をトルコと日本の交流の場にする。
1923年茶道宗徧流八世家元を襲名し、茶道界に新しい風を吹き込む。1957年90歳没。
《辞世 「ボスボラス東亜の景も今は夢」》

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL

このページのTOPへ
オン・サンデーズ
〒150-0001MAP
東京都渋谷区神宮前3-7-6
tel:03-3470-1424
fax:03-3478-0809
e-mail:onsundays@watarium.co.jp