WATARI-UM  
home sitemap contact
exhibition infomation lectures/workshops

© Tadanobu Asano


会期 2018年12月7日(金)−2019年3月31日(日)
休館日 月曜日
(12/24,1/14, 2/11は開館) 12/31-1/3は休館
開館時間 11時より19時まで[毎週水曜日は21時まで延長]
入場料



大人1,000円 学生800円(25歳以下)
小・中学生 500円/70歳以上の方 700円
ペア券:大人 2人 1,600円/ 学生 2人 1,200円
主催/会場 ワタリウム美術館 2階、3階、4階
   
date December 7 Fri., 2018 - March 31 Sun., 2019
Closed Mondays(except Dec.24, Jan.14 and Feb.11) Dec.31-Jan.3

Opening
  Hours

11:00 to 19:00 (open till 21:00 on Wed.)
Admission







Adult 1000 yen /
student (under 25 years) 800 yen/
Elementary and Junior-high school student 500yen/
Adult over 70years 700yen/
Pair Ticket: 2 Adults 1600 yen / 2 Students 1200 yen

Organizer

WATARI-UM, The Watari Museum of Contemporary Art
展示協力 PORTER'S PAINTS
展示内容プロフィール作品イベントワークショップ会場風景

▲PAGE TOP


© Tadanobu Asano

近年、ますます個性的な演技が光る俳優、浅野忠信自身が描いたドローイング700点を紹介する展覧会です。それらはハードロック的なものから、デッサン、落書き、漫画、アメコミ、抽象など多岐にわたっています。
浅野忠信がドローイングを描き始めたきっかけは、2013年に中国で撮影された映画「羅曼蔕克消亡史」(2016年、中国にて公開)の隔離された長い待ち時間だったと言います。映画の台本やスケジュール表の裏、ホテルのロゴの入ったメモ帳、薬袋などにボールペンで描き初め、現在まで5年間、その数は3634枚という膨大なものになりさらに続いています。一部は本人のSNSでも公開されています。溺れてしまいそうなドローイングの海に浸かり、その中を泳ぐように鑑賞してみる。すると不思議なことに浅野忠信の些細な心の変化や思惑を感じることができる。つまりドローイングというのは、描いた人の思考の軌跡をたどりながら、見る側もそれををたどることが出来る面白さがあります。撮影までの時間を潰すことから始まったドローイングが、頭を切り替える散歩のような役目をもっただろうし、さらにシュールレアリストが美しさを意識しないように考え出したオートマティスム(自動記述)のようにもなっていったに違いない。また、60年代のアンディ・ウォーホルが第一ファクトリーで頭が吹っ飛ぶくらいのサウンドの中で作品を制作していたことをも喚起させる。
確かに浅野忠信は絵を描くプロではない。でも日本屈指の特異な表現者の思考を絵の中に垣間見る時、実は人間がどこにでもいける自由を持っていることに驚かされ、大きな勇気をもらいます。


© Tadanobu Asano

This is an exhibition of 700 sheets of drawings by an actor Tadanobu Asano, whose distinctive performance has been gaining more and more fascination recently. His drawings range from a kind of hard-rock, rough sketches, comics, American comics style to abstraction. What let him draw first was when he was in China in 2013. When he had a long and isolated waiting time during a shooting of a movie "The Wasted Time" (released in China in 2016). He started to draw with a ballpoint pen on a page of a film scenario, on the back of a shooting schedule sheet, a notepad with a hotel's logo or a prescription bag. He has drawn for five years until now and still continues, and the number of his drawings are as numerous as 3640 sheets. Some of them are published on his SNS. You can try to let yourself swim in the sea of such enormous amount of drawings which can make you feel drowned. Then, somehow you can feel a trifle change of Asano's sensitive mind and his intention. In other words, what makes a drawing interesting is that viewers also can follow a trajectory of the drawer's idea. These drawings were born for killing time at shootings, which might have a role of strolling, to switch his mind. They may come to be a kind of automatism that surrealists came up with not to be conscious about beauty. In addition, the drawings remind of Andy Warhol in the 1960s creating pieces in the midst of exploding sound in the original Factory. Certainly Asano is not a professional drawer. However, when you catch a glimpse of one of the prominent artists in Japan in his drawings, they shall surprise you with the fact that actually we have freedom to go anywhere and give you a great courage.


プロフィール profile▲PAGE TOP

浅野忠信プロフィール

1973年11月27日神奈川県出身。1990年に松岡錠司監督の「バタアシ金魚」でスクリーンデビュー。セルゲイ・ボドロフ監督「MONGOL」は第80回(2008)米アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート、2010年には根岸吉太郎監督「ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜」、木村大作監督「劔岳 点の記」にて第33回日本アカデミー賞優秀主演男優賞をダブル受賞。また、熊切和嘉監督「私の男」では、第36回モスクワ国際映画祭でコンペティション部門最優秀男優賞を受賞。俳優業のみならず、音楽家としても活動し、「SODA!」でバンド活動や、DJも行う。

Tadanobu Asano
Born in November 27, 1973, in Kanagawa, Japan. He made a screen debut in 1990 with Bataashi Kingyo (Swimming Upstream) directed by Joji Matsuoka. Mongol, directed by Sergei Bodrov, the movie Asano played the main role was nominated for the 80th Academy Award for Best Foreign Language Film in 2008. In 2010, he nominated for the Outstanding Performance by an Actor in a Leading Role of the 33rd Japan Academy Prize with two films, Villon no Tsuma (Villon's Wife) directed by Yoshitaro Negishi and Tsurugidake Tennoki (Mt. Tsurugidake) directed by Daisaku Kimura. He received Best Actor Award at the 36th Moscow International Film Festival with Watashi no Otoko (My Man) directed by Kazuyoshi Kumakiri. He is also known by his artistic activities, such as of music band SODA! and DJ plays.


作品 work of art▲PAGE TOP

© Tadanobu Asano

© Tadanobu Asano











▲PAGE TOP

@「Questions」
2018年12月22日(土)19:00-
本展のアーティスト、浅野忠信が観客の質問に答えます。疑問を持った方、対話したい方、集まって下さい。
参加費:1,000円

 

A「浅野忠信トークショー」
2019年1月19日(土)19:00-
ゲスト出演者:未定
作品のこと、音楽や映画についてなど、クロスジャンルのテーマを語ります。
参加費:2,000円

 

B「浅野忠信QYライブ」
2019年2月(いずれかの土曜日を予定)19:00-
参加費:2,000円

 

C「オリジナル・シルクプリント工房」
2019年3月(いずれかの土曜日を予定)19:00-
会場が浅野忠信のプリント工房になります。Tシャツ、古着、バックなど、一人1点をご持参ください。浅野自身がその場で、シルクプリントを刷り込んでお渡しします。
参加費:2,000円

 

予約方法:件名「浅野忠信展イベント申込」とし、
1.希望の日付 2.氏名 3.住所 4.電話番号 5.E-mailアドレス 6.会員番号(ワタリウム美術館会員の方のみ)をご記入の上、
E-mail:order@watarium.co.jpまで送信ください。
*当日、ワタリウム美術館受付にて、参加費をお支払いください。ワタリウム美術館会員割引有り。
*申込書受領確認の返信はいたしません。定員を超えた場合のみ連絡いたします。
*BCは、日付発表後、予約受付を開始いたします。(日付は、ワタリウム美術館ホームページにて発表します。日付発表前のご予約は無効になりますので、ご注意ください)

お問合せ:ワタリウム美術館 Tel: 03-3402-3001


2018年12月上旬発売
浅野忠信 画集
蛇口の水が止まらない
定価:3,800 円(税別)
判型:B6 判変形/ 512ページ
浅野忠信作曲オリジナル・アルバム「かげの音」CD 付
発行:発行:HeHe(ヒヒ)hehepress.com
 



▲PAGE TOP
 
 
 
 
   
 
 
ワタリウム美術館
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-6
MAP
tel:03-3402-3001
fax:03-3405-7714
e-mail: official@watarium.co.jp