WATARI-UM  
home sitemap contact
exhibition infomation lectures/workshops
jr
お尻みたいな花を咲かせた木、また満開 
Buttock tree is in full bloom again.



 ジョン・ルーリー展
 Walk this way

ten会期 2019 年4月 5日[金]− 7月 7 日[日]
ten休館日 月曜日(4/29, 5/6は開館)
ten開館時間 11時より19時まで [毎週水曜日は21時まで延長]
ten入場料  大人 1000 円/学生[25 歳以下]800 円/小・中学生 500 円/ 70 歳以上の方 700 円 
ペア券: 大人 2 人 1600 円/学生 2 人 1200 円
 

--------------------------------------------------------

ジョン・ルーリーPass:1,500円  
(会期中、下記の特典がございます。@ ご本人は何度でも展覧会へ入場できます。再入場の際、ご本人であることを証明するものをご提示ください。 A Eメールにてニュースレターをお届けします。B ワタリウム美術館メンバーシップへ割引でご入会いただけます。)
-------------------------------------------------------------
ten主催/会場 ワタリウム美術館
ten協力 リボーン・アートフェスティバル2019
  ポーターズペイント
ten Date  JApril 5 Fri. - July 7 Sun., 2019
ten Closed Mondays (except except April 29 and May 6)
bらんck Openning
 Hours
11:00 to 19:00 (open till 21:00 on Wednesdays)
bらんck Entrance
  Free
Adult 1,000 yen/ Student (under 25 years) 800 yen / a two-person ticket 1,600 yen / a two-student ticket 1,200 yen / Elementary and Junior-high school student 500 yen / Adult over 70 years 700 yen

John Lurie Pass: 1,500 yen-------------------
The following benefits are available throughout the exhibition period.@ Ticket with signature is valid only for the person who signed. Please bring your identification on reentry.
A We send you newsletters by e-mail. B You can join the WATARI-UM MEMBERSHIP by discount.

bらんckOrganizer WATARI-UM, The Watari Museum of Contemporary Art /
bらんckVenue WATARI-UM,
The Watari Museum of Contemporary Art
bらんckSubsidy  
bらんckCooperation






 
展示内容プロフィール作品会場風景イベントワークショップ
 

 ▲PAGE TOP

オレは怒りに満ちている
オレは怒りに満ちている
この怒りが良い方向へと向かうと良いのだが
オレはすごい怒りに満ちている

         ジョン・ルーリー

I am filled with rage
I am filled with rage
I hope it leads to something good
I am filled with fucking rage


             - John Lurie

80年代初め、オフビートな映像と音楽で注目を集めた「ストレンジャー・ザン・パラダイス」(1984年、監督:ジム・ジャームッシュ)という映画をご存知だろうか。今回、ワタリウム美術館で展示するアーティスト、ジョン・ルーリー(1952年生まれ、U.S.A.)はこの映画の主役を演じた俳優である。NYの安アパートに住みギャンブルで生活を立てている冴えないがちょっとかっこいいウィリーという若者役で登場する。全編モノクロのこの映画はI LOVE NEW YORKキャンペーンで沸くNYの若者たちの日常の素顔を淡々と描いていた。ジョン・ルーリーはミュージシャンとしてこの映画の音楽も担当し、違和感のあるジャズが映像を一層印象深いものにしていた。役者として、さらには自身がフェイク・ジャズバンドと評したラウンジ・リザーズのメンバーとしても注目されることとなった。
しかし1990年代後半、ジョン・ルーリーは「ライム病」という難病を患い、映画と音楽の世界から姿を消し、一人で、自由な時間にできる絵画制作に活動の場を移す。かつて、ジャン=ミシェル・バスキアなどと一緒に描いていたというだけあって、その構図や技法は卓越している。ジョン・ルーリーの描く世界は一見美しい夢の中のように見えるが、一方で痛烈な皮肉が込められ、登場する動物たちも小さく弱々しいが、実はマイペースで自由な喜びをもっている。近年、ジョン・ルーリーは生活の大半をカリブ海の島に暮らし、一層、植物や動物などの自然が多く登場してきている。
ワタリウム美術館での展覧会は2010年以来、今回が二度目の開催となる。近頃はアメリカもそして日本もさらに不条理なことが多くなり、そんないま、この展覧会でジョン・ルーリーの描く自由とアナーキーな世界に触れてほしいと願っている。

Do you know a film called "Stranger than Paradise" (1984, directed by Jim Jarmusch) which gained attention with its offbeat image and music in the early 1980s? John Lurie (born in 1952, in USA) who holds an exhibition this time at WATARI-UM, played a leading role in this movie. He appears in the film as a dull, but somewhat a cool guy earning his living by gambling in New York. The whole black-and-white movie showed in a bland tone, real faces of the young people in New York when they were excited over the "I LOVE NEW YORK" campaign. John Lurie was also in charge of music in the film and the uncomfortable jazz made the image more impressive. He came to earn attention as an actor, and also a member of the Lounge Lizards, which he himself described as a fake jazz band. In the late 1990s, however, he suffered from intractable Lyme disease and disappeared from the world of cinematography and music to change his appeal to painting. He used to paint with Jean-Michel Basquiat, and as expected his technique is outstanding. The world expressed by John Lurie seems like a beautiful dream at a first glance, but on the other hand he has put keen sarcasm in it; animals in the paintings seem small and weak, but in fact have a free joy at their own pace. In recent years, John Lurie spends most of his time on an island in the Caribbean Sea and more and more, nature with plants and animals has come to appear in his work. This exhibition is the second time in WATARI-UM since the first one in 2010. Today, absurdity is increasing in USA and in also Japan. Now is the time we hope you to feel John Lurie's free and anarchic world in this exhibition. 

ミスター・ソクラテス Mister Socrates, 2018


錨を引き上げられない、そして動けない。サンドイッチでも食うか。
Anchor Is Stuck Now. I Cannot Go Anywhere. Time For A Sandwich,2009

 ▲PAGE TOP
ジョン・ルーリー John Lurie       


Photo credit Nesrin Wolf

1952年

アメリカ、ミネアポリス生まれ。

1978年

ギタリストのアート・リンゼイらと結成した「ラウンジ・リザーズ」のサックス奏者として登場する。

1980年代

ストレンジャー・ザン・パラダイス」(1984)、「ダウン・バイ・ロー」(1986)などジム・ジャームッシュ監督の映画に出演し、俳優として独特の存在感を発揮する。自らが監督、出演した釣り番組「フィッシング・ウィズ・ジョン」(1991)は、デニス・ホッパー、トム・ウェイツ、ウィレム・デフォー、マット・ディロンがゲスト出演し話題になる。

1990年代

ライム病を患い、音楽、俳優活動を休止。

2004年

Anton Kern Gallery(NY)などで、1980年代から描いていたドローイングを展示。

2006年

『ジョン・ルーリー: works on paper』をP.S.1(NY)にて展覧会を開催。
この頃より、画家としてのジョン・ルーリーが広く知られることとなった。

2010年

『ジョン・ルーリー展 ドローイング You are Here』をワタリウム美術館にて開催。

 

世界中のとんがった奴ら、みんながあの「TVディナー」に憧れたものだ。
このところしばらく音沙汰がないと思ったら、ジョンはサックスではなく絵筆を握っていたんだ。
なんと多才な人なんだろう。                坂本龍一

 

作品 work of art▲PAGE TOP

I don’t see anything


ハミングバード  Hummingbird、2017

こちらへどうぞ  Walk this way ,2014


金のオオカミと青いビール
Gold wolf and blue beer, 2017



お尻みたいな花を咲かせた木、また満開  Buttock tree is in full bloom again. 2018

消えゆく馬頭男(ホースヘッド・マン)の不幸な話、こんな結末
This concludes the unfortunate story of disappearing Horsehead Man
2014



ヤギとふたつの墓標    The goat and two tombs, 2018
 
 
 
▲PAGE TOP
 
 
 
 
 
 
   

 ▲PAGE TOP
 

▲PAGE TOP


▲PAGE TOP
ワタリウム美術館
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前3-7-6
MAP
tel:03-3402-3001
fax:03-3405-7714
e-mail: official@watarium.co.jp